芸術家は科学者なのだろうか

今年度から文科省の「研究不正行為ガイドライン」に基づいて、大学に所属する研究者はみな研究倫理教育を受けることになっている(受講しないと科研費の申請ができなかったりする)。うちの大学でも講演会の形式でおこなわれたので行ってきた。

講師は札野順氏。日本学術会議「科学者の行動規範」(2006年)の策定に関わった技術倫理の専門家である。

最初は「倫理教育なんてうぜえなあ」とヤンキーがダルい授業に出席する的なモードだったのだが予想外にお話が面白く、「へー」「なるほどー」とうなずきながら聞いていた。アメリカの研究倫理教育の現状や札野氏が実際に行ってきた倫理教育の授業の内容など大変に面白く、また倫理規程の二類型(「法令遵守型」と「価値共有型」)の対比などはほんまにそのとおり、と思った。簡単に言えば前者は性悪説システム、後者は性善説システムで、どの国でも前者に始まりだんだん後者に移行するけど日本は、とか。

最後の方は、本人もゆうてはったが自己啓発書みたいな「あなたにとって幸せって何ですか?」という話になったけど(笑)それはそれで面白かった。

ただ一つ気になったことがある。日本学術会議「科学者の行動規範」の策定過程についていろいろお話をうかがい興味深かったのだが、そこで「科学者」の定義について少し触れられた。

札野氏は「この規範における『科学者』とは、狭い意味での自然科学者だけでなく、知的能力や知的技能によって新しいものを生み出す全ての人々を念頭に置いています。人文社会科学者ももちろん含まれます」とおっしゃっていた。

研究倫理を制度として整備する人は必ずそういう。「これは理系だけでなく文系の研究者にも共通することです」という。しかし、巨額の研究費を取ってきてチームで特定の研究課題に取り組む多くの自然科学者の営みと、微々たる研究費で買った本を読みふけり個人で研究を進める人文学者の日常は、「同じ研究者」と言われても実際には多くの側面で異なる文化やルールや規範に則っている。

全ての研究者に共通する「研究倫理」が唱えられるとき、人文学者はしばしば「これはうちの業界にはぴったりとはフィットしないよなあ」と内心で思っている。それでも仕方ないので数十万円の研究費のために、自分たちを必ずしも中心的な対象としない「研究倫理」教育を受け、膨大な書類を書きハンコを押す毎日を送っている。

でも、相対的に属人性が強い知的活動を行っている人文学者には、異なった倫理規範とまでは言わないまでも、自然科学者が念頭におくのと違うところに重点をおいて自らの研究倫理を考えているのが実態ではないか。例えば自然科学者が「研究不正」と聞いてまず想定するのは捏造と改竄だが、人文学者にとって身近な研究不正はまずもって剽窃である。まあ対象とするテクストを改竄する不正もないではないが、引用論文やインタビューをでっち上げる捏造に手を染める人は少なかろう。

札野氏の「全ての研究者は科学者です」という話を聞きながら、私は前にいた教育大学のことを思い出していた。教育大には音楽科や美術科があり、実技教育を指導する教員がいる(もちろん彼らも論文を書くし論文も指導する)。彼らは「科学者」なのだろうか。「学術研究者」ではあると思うけど。そういった、「科学の周縁に存在しながら、知的能力や知的技能によって新しいことを生み出す人々」は科学者の研究倫理を共有することができるだろうか。「科学者の周縁の端っこの端っこの境界線ってあるのかなー」。そういったことをぼんやりと考えていた。

「日本学術会議」の英訳ってScience Council of Japanなんやな。学術をScienceとして考える人たち。私はその考えを否定することはないが、自分はそこではどっちつかずの周縁にいるのだなあといつも感じる。

日本ポピュラー音楽学会第26回全国大会(JASPM26)ワークショップ

12月7日(日)に学習院大学で開催される日本ポピュラー音楽学会全国大会(JASPM26)にて、佐村河内事件をテーマに下記のようなワークショップを開催いたします。非会員の方も参加できます(参加費かかるけど)。ぜひお越し下さいまし。

JASPM26についてのお知らせはこちら → http://jaspm26.wiki.fc2.com

▼佐村河内事件を考える――クラシック音楽のポピュラーな受容と作者性
12月7日(日)10:00~13:00 於・学習院大学百周年記念館3F

司会・問題提起者:増田聡大阪市立大学:コーディネーター)/会員
問題提起者:平田誠一郎(関西学院大学)/会員
問題提起者:小川博司関西大学)/会員
討論者:鈴木淳史(音楽ライター)/非会員

 2014年2月、クラシック音楽の作曲家として著名であった(また、その壮絶なライフストーリーに注目が集まっていた)佐村河内守氏の作品について、作曲家の新垣隆氏がゴーストライターとして作曲したものであった事実が明らかとなった。新垣氏、佐村河内氏はそれぞれ記者会見を行い、その模様はマスコミでスキャンダラスに報じられたことは記憶に新しい。
 本ワークショップでは、この事件から浮かび上がる諸問題を討議する。「受苦し苦悩する偉大なアーティスト」という大時代的な物語が商業的な成功を生み出す構図がここまで端的に示され、また瓦解した例は稀であろう。事後、マスメディアや識者からさまざまに「騙されていたこと」への反省が示されたが、むしろ「受苦し苦悩する偉大なアーティスト」の存在を歓迎し、過剰な物語化を進んで行なうわれわれの文化受容のロマンティックな土壌こそが佐村河内氏を生んだ、とはいえまいか。
 現代社会におけるクラシック音楽は決して「社会と無関係な純粋芸術」ではない。むしろこんにちのクラシック音楽産業は、西洋近代が作り出してきた自律的芸術のイデオロギーを、様々なかたちで流用し、利潤へと繋げている。いわば今回の事件はこの「純粋な芸術を売る」仕組みを浮き彫りにしたものとはいえまいか。クラシック音楽に限らず、ポピュラー音楽にも共通するこのロマンティックな物語へのわれわれの欲望とそれを取り巻く文化産業の共犯関係、この現状を検討することが本ワークショップの主題となる。
 また本件は、「音楽の作者性」についても興味深い問いを投げかける。佐村河内氏は「指示書」を作成し、それに基づいて新垣氏が実際の作曲作業を行なった、とされる。見方によってはタレントのゴーストライター本などで日常的に行なわれている制作過程ともいえようが、これが醜聞として受け取られる背景には(クラシック)音楽固有の作者性、それにまつわる倫理観などが作用している。さらに、事件発覚後に佐村河内作品の録音や関連書籍が出荷停止や絶版となったことは、(おそらく1999年の槇原敬之の薬物事件以降目立つようになった)「音楽の作者のスキャンダルに伴って作品を謹慎させる」動向の系譜に位置づけて考えることもできるかもしれない。本事件をもとに、剽窃、捏造などとも関連する「創作の倫理」の現状についても幅広く議論を行ないたい。
 増田はポピュラー音楽の作者性や作品性に関する美学的な諸問題に関心を持つが、その立場から今回の事件が投げかける論点を整理する。平田はクラシック音楽文化の社会学的研究の観点から、この事件についてのマスコミ報道を一覧することで、佐村河内事件の問題点がいかなる形で社会に水路づけられていったかを確認する。小川は音楽社会学者であると同時に、事件発覚前に「佐村河内ファン」であった立場から、音楽への愛着が倫理的問題によって被った影響について語る。さらに、クラシック音楽ライターとして『クラシック批評こてんぱん』(洋泉社)など多数の著書があり、広闊で柔軟な視点に定評のある鈴木を討論者として招いた。鈴木はクラシック音楽業界の近年の動向を踏まえつつ、この事件の背景にある構図を掘り下げる議論を加えることになる。
 フロア諸氏の積極的な参加と討論を期待したい。

「大きな物語はなくなった」というけれど

業績主義がはびこっているので若手中堅が発表する研究会がすごく増えた。学会だけじゃなく小さな研究会がとにかくいろいろな会合を週末毎に開催している。今日もひとつ研究会のチラシが入っていた。遠い海外のある地域で長年フィールド調査を行っているらしい若手研究者で、ある音楽ジャンルについての専門家であるらしい。そこにはトランスナショナル/ローカル、再帰的近代化、グローカリゼーション、云々といった流行の用語が並んでおり、そのような理論的視角にその音楽ジャンルを位置づけて論じる、といった主題であるらしい。
たぶん、その若手研究者が研究したいのは、遠い海外のある地域のある音楽ジャンル「そのもの」なのだろう。だが業績主義の昨今では、日本から遠く離れた地域の、日本では聞かれることもほとんどないその音楽を研究する意義はとても主張しにくい。「そんなこと研究して何の役に立つんですか?」でおしまいである。
だからそこでグローカリゼーションだのトランスナショナルだのといった「大きな物語」が頻繁に呼び出されることになる。日本とまったく関係なさそうに見える遠い地域の遠い音楽も、「大きな物語」を介して関係性を持っているのです、あるいは遠い地域の遠い音楽も、日本の慣れ親しんだ文化も、「大きな物語」の中で共に翻弄されるのが文化の現在なのです、等々。
ポストモダンこのかた「大きな物語は終わった」というけれど、むしろ個々の研究者が自分の狭いフィールドを掘り下げようとするとき「大きな物語」の看板が必要になる、という機会はむしろ増えている。ただその「大きな物語」の役割は昔とは大きく違っている。
その「大きな物語」はたぶん誰も(昔のマルクス主義や近代化論と違って)まじめに信じているものではない。誰も信じていない看板としての「大きな物語」。「グローバル化」云々というのはそういう現代のお伽噺の一つだ。

日本ポピュラー音楽学会ワークショップのお知らせ(12-11-27追記あり

日本ポピュラー音楽学会第24回全国大会(12/8-12/9、於 武蔵大学社会学部)でワークショップを行います。詳細は下記の通り。

▼ワークショップC  1号館2階1201教室
 12/9(日) 14:00〜17:00

ポピュラー音楽の美学と存在論―今井論文をめぐるオープン・ディスカッション

問題提起者:増田聡大阪市立大学:コーディネーター)
問題提起者:今井晋(東京大学大学院)
司会・討論者:谷口文和(亜細亜大学短期大学部


 近年の日本のポピュラー音楽研究の発展は、主に社会科学あるいは文化研究的な研究関心を中心としつつ展開してきているといえる。そのなかで、今井晋が今春発表した論文「ポピュラー音楽の存在論―《トラック》、《楽曲》、《演奏》」(『ポピュラー音楽研究』Vol.15、2011)は、このような研究状況の中で相対的に手薄であった美学的アプローチに則り、正面から「ポピュラー音楽の存在論」を展開した論文として注目に値する。
 ポピュラー音楽に関する美学的アプローチの(日本語圏の)先行研究として、今井論文は細川周平『レコードの美学』(勁草書房、1990)、増田聡『その音楽の〈作者〉とは誰か』(みすず書房、2005)を挙げ、両者のいずれもが主要な検討対象として扱ってきたポピュラー音楽の存在論に関する議論を深化させた。両先行研究の理論的な問題点を今井論文は次のように指摘する。細川著は、ポピュラー音楽の美学において重要な「サウンド」概念を作品概念と対立的に位置づけるあまり、その聴取における主観性が強調されることでポピュラー音楽の存在の同一性の基盤を堀り崩しているとする。また増田著については、ライヴ文化/ディスク文化という「二つの音楽文化・二つの作品概念」の対比を強調することによって、現にポピュラー音楽の聴取者が両者を同時に鑑賞している実情を捉え損なっているとしている。
 このような細川・増田の批判的検討を踏まえ、ライヴ鑑賞およびレコード鑑賞において「鑑賞の対象となっているもの」を、分析美学的な手法によって《楽曲》《演奏》《トラック》の三つの存在者として摘出し、統一的な論理のもとに整理する今井論文は、日本語圏のこれまでのポピュラー音楽への美学的アプローチの問題意識を踏まえ、批判的に継承しつつ次の議論へと開こうとする論文であるといえよう。であるならば、議論は継続されなければなるまい。
 本ワークショップは、今井論文の姿勢に触発された増田が提案したものである。今井論文中にある増田への批判に対し討論にて直接応答すると共に、ポピュラー音楽への美学的アプローチが持つ意義と展開可能性を議論することを目的としている。
 まず、今井が本論文の概要と執筆の背景を簡潔に概説した後、増田は厳密な存在論的立場に立つ今井論文に対して、ややゆるやかな唯名論的立場に立ちながら、今井論文の批判に応答する。主に(今井論文が批判する)増田著の議論の背景を示しながら、「二つの作品概念」のメリットを擁護するとともに、今井論文の《トラック》概念が、(増田著のいう)ライヴ文化とディスク文化の交点ともいえる位置にあることを示そうと考える。いくつかのポピュラー音楽の録音物のリミックス/リマスタリングの実例検討を通じて、今井論文が「制作者の意図と機械的複製の過程」によって維持されるとした《トラック》存在の同一性が、「二つの作品概念」のせめぎあいの中で揺らぐ実例について、今井論文とは異なるかたちでの解釈を提示する予定である。その上で、今井論文の提出した論点の展開可能性についてメディア論の立場から意見を述べる。それを受けて今井の再反論が行われ、さらに、今井論文が援用する論文「レコード音楽がもたらす空間―音のメディア表現論」の著者である谷口がコメントを加えるとともに、三者およびフロアを交えた議論が行われることになるだろう。議論はあらかじめの筋書きに従うのではなく、対象と論点を提示した上で自由に行われる。
 なお、本ワークショップ参加者は、『ポピュラー音楽研究』Vol.15(2012年3月に会員には配布済み)所収の当該論文を持参の上、討議に参加されることをお勧めする(非会員には当日コピーを配布する予定)。今回のように、ひとつの論文をめぐってワークショップが行われるのは本学会では最初の試みである。より密度の濃い意見交換の場とすべく、フロア諸氏の議論への積極的な参加を期待したい。


【参考】
今井晋「ポピュラー音楽の存在論――《トラック》、《楽曲》、《演奏》」の要約
(『ポピュラー音楽研究』Vol.15,2011,pp.23-42)

本稿では音楽の哲学における存在論の議論を参考としながら、ポピュラー音楽のライヴ鑑賞とレコード鑑賞における対象の存在論的性格と関係を明らかにする。ポピュラー音楽の鑑賞の対象として《楽曲》・《演奏》・《トラック》という存在者があることが明らかになり、ライヴ鑑賞においては、《楽曲》と《演奏》の間に、レコード鑑賞においては《トラック》と同一の録音物の《再生》、および《楽曲》と同一の録音物の《再生》間それぞれに、タイプとトークンという一般的な存在論的関係があることも示される。さらに以上の存在者と関係を用い、ライヴやカヴァー、リマスターなどのポピュラー音楽の実践を統一的に説明する。

【今井論文の主要参考文献】
増田聡,2005,『その音楽の〈作者〉とは誰か――リミックス・産業・著作権みすず書房
増田聡・谷口文和,2005,『音楽未来形:デジタル時代の音楽文化のゆくえ』洋泉社
細川周平,1990,『レコードの美学』,勁草書房
谷口文和,2010,「レコード音楽がもたらす空間―音のメディア表現論」,『RATIO SPECIAL ISSUE 思想としての音楽』,講談社,pp.240-265.


日本ポピュラー音楽学会第24回全国大会(JASPM24)のサイトはこちら
http://jaspm24.wiki.fc2.com
非会員の方も(上記ワークショップを含む)全国大会に参加できます。


上記ワークショップに参加される方は、事前に今井晋「ポピュラー音楽の存在論――《トラック》、《楽曲》、《演奏》」(『ポピュラー音楽研究』Vol.15,2011,pp.23-42)を読んでおくとよいとおもうよ!会員の皆様には3月にお手元に届いているはずです。
非会員の方は…たぶん今井くん(http://d.hatena.ne.jp/shinimai/)がそのうちPDFで読めるようにしてくれるんじゃないかな…ま一応当日配布する予定ですが。

久しぶりに作品概念やレコード音楽について正面から議論することになりそうです。非会員のみなさまもぜひとも議論にご参加いただけましたら幸いに存じます。

12-11-27 追記
今井君が論文を公開してくれました。感謝!これご参照+ご持参でお越し下さい。
https://docs.google.com/open?id=0B2BZsarxhk7bYmQxbDlJcXZaVTg

12-11-27 さらに追記
吉田寛君(感性学・立命館大学准教授)が今回の議論に関連する論文「われわれは何を買わされているのか:新リマスターCDから考えるビートルズの「オーセンティシティ」」を公開してくれました。こちらもぜひご参考ください。討議で触れることになります(たぶん)
https://docs.google.com/file/d/0B1n_R0jRG9oBRmN5UW5SbU1WWVE/edit?pli=1

読者プレゼントの季節がやってまいりました

京都精華大さんとこでやってるポピュラーカルチャー研究会で去年の4月にやったシンポジウム「パクリ:ポピュラー・カルチャーにおける模倣と流用」の報告書『ポピュラーカルチャー研究』Vol.4 No.1が出ました。刊行まで一年近くかかったのはひとえに私の校正が遅れたせいでございます。深くお詫びもうしあげます。でもまあパクリ研究的にはかなり面白い議論でありました。
非売品ですがいくつかの大学図書館には収蔵されるはず。まとめて送ってもらったのでここ読んでる方々にまたプレゼントいたします。メールで「なぜこの報告書が必要か」を簡単に書いていただいて送付先教えてください。先着順+必要度を勘案して10名程度の方々にお送りさせていただきます(送料無料)。

あけましておめでとうございます(笑)1月に二人目の子供が生まれました。男。年度末校務と家事オヤジをしばらくやってましてその間の記憶は定かではない。たぶんツイッターが記録してくれてると思います。
最近ご恵投いただきました。どうもありがとうございました!

沈む日本を愛せますか?

沈む日本を愛せますか?

メディア・コミュニケーション論 (シリーズ メディアの未来)

メディア・コミュニケーション論 (シリーズ メディアの未来)

万葉歌木簡を追う (大阪市立大学人文選書2)

万葉歌木簡を追う (大阪市立大学人文選書2)

うちの学部で出してる選書シリーズです。
音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]

音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]

  • 作者: マーティン・クレイトン,トレヴァー・ハーバート,リチャード・ミドルトンほか,若尾裕,若尾裕ほか
  • 出版社/メーカー: アルテスパブリッシング
  • 発売日: 2011/02/28
  • メディア: 単行本
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
原書を積ん読しているうちに翻訳されるパターン。こんどこそ読みます…アルテスさんはほんまに「今」の音楽研究者と同じ目線で出す本をセレクトしてくれはるのでありがたいです。

わーやばい今年も仕事納め

何も納まっておりません…
とりいそぎいただいた御本のご紹介。「すぐ読む」コーナーは膨れ上がるばかりで申し訳ないことしきりです。ご恵投深く御礼申し上げます。

街場のマンガ論 (小学館クリエイティブ単行本)

街場のマンガ論 (小学館クリエイティブ単行本)

武道的思考 (筑摩選書)

武道的思考 (筑摩選書)

民謡酒場という青春 -高度経済成長を支えた唄たち-

民謡酒場という青春 -高度経済成長を支えた唄たち-

すべて「すぐ読む」コーナーに配架させていただいております(棚から溢れてます)
歌う国民―唱歌、校歌、うたごえ (中公新書)

歌う国民―唱歌、校歌、うたごえ (中公新書)

師匠の新刊。啓蒙や身体統制を目的とした「国民づくり」(あるいはコミュニティ形成)のためのメディアとして唱歌を位置づける。この視点は例えば広告音楽とかに応用可能なのではないか。重要なのは「芸術」以外の音楽の機能について考えることである、という主張には大いに同意(というかその同意もまた渡辺先生による「音楽学者づくり」の成果によるものなのだが(笑)
創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 (光文社新書)

創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 (光文社新書)

輪島君の積年待望のデビュー作。むっちゃおもろかった。もう言を尽くすまでもなく今年のベスト1。食べるラー油くらいのビッグヒットになること祈念